(題名はまだ考え中)

題名は考え中 方向性も考え中 というわけでとりとめなく書きたい事を。

書いてなかった3レースの簡易レポート そして

わけは後で書きますが、結局レポート書いていなかった・ごせん紅葉マラソン・静岡マラソン・新潟ハーフマラソン(これについては速報さえ書きませんでしたが一応完走しました)について、ごく簡単にレポートしたいと思います。

 

・ごせん紅葉マラソン

前提としてそれまで数回フル無し(ハーフなどのみ開催)だったのが、この年からフルも実施するようになった大会です。つまりフル初開催。

5時間20分台で散った新潟シティマラソンの3週間後だったので、正直自信がなかったのですが、当日は新潟の時と違い気候が快適!涼しい!あと新潟の時よりかは体調も良く、キロ5分切るか切らないかのペースで進めました。これで押し切ればサブ3.5じゃね?って30キロくらいまでは思っていたのですが、最後で足が止まり(残り5キロくらい歩き混ざる)結局3時間46分でゴール!っていうレースでした。現時点の自己ベスト。

さて、レースレビュー。車で現地入りして荷物は車内に置いといたので、荷物預かりとかがどうだったかはわかりません。車といえば過去何回か参加した時は会場の西側から向かいましたが大体渋滞で、今回東側から、具体的には国道49号から290号に入って向かったところ、ほぼ渋滞無し(少し会場入り遅かったのもありますが)。まあ一応ご参考まで。

コース周辺は仕事でちょくちょく行っていたので大体知っていたのですが、レース前の想像は「序盤は「紅葉」楽しめるけど、そっから先は何も無くね?(新潟ハーフマラソンのごとく)」でしたね。

というわけで序盤の風景

f:id:itxo:20180401111035j:image

f:id:itxo:20180401111111j:image

(ブログで使うつもりで写真数枚とりましたが、かろうじて使えるレベルでこの2枚、あとは・・・)

いやまあよかったですよ。証明できてませんけど。

で、つまんねえだろうなあっていう中盤以降、これがとんでもなくいい意味での予想外れで。

まず、看板やポスターとかがあっちこっちに貼ってあったんですけど、これが結構面白くて。例えば県外から来られているランナーさんにあてての「頑張ってね!」的な手書きのポスター、は思えばハーフでもあったんですが、川とか用水路とかあるところでは「泳がないでください」的なそりゃそうだろってつっこみたくなる看板とかもあって、要は結構手が込んでた(これ写真撮っとけばよかったよ・・・)。

他には、今回給水所で、途中から文字通り「水しかない」、つまりスポドリがない箇所があって(フルでそんなレース見たことない)、さすが参加料6,000円と思ったんですけど、そのあとスポドリ置いてある給水所は「本気の給水所」って看板立ててて笑ったわ。僕はこれならスポドリなし給水所も許せる。

あと応援、これ大規模マラソンは無理そうだけどそうでないレース(ウルトラとかでも)ではぜひ取り入れてほしい。今回ゼッケンにカタカナで名前が入っていて、こんなゼッケン初めて見るなあって思っていたら、この名前を応援部隊が見て「いとぉさん頑張ってー!」って名前で呼んでくれるんです(下の名前でも呼ばれました)。いやこれなかなかうれしい!慣れるまで多少恥ずかしかったけど!

ランネットのレビューでも結構これ評判良かったので他のところもやってくれないかなーと思っています。

 

ちょっとコレどうなのってのもあって、当然車両規制はしてるんですが、走りながら見ていると結構な台数を通行止めにして止めてて。思うと割と直近に仕事で来ていた時に交通規制の告知まだやってなかった気が。あとそもそも結構な交通量のところを止めてたのもどうなのかなと。さすがに地元の方にご迷惑かけてまで走りたくはないので、そのあたり考慮お願いできればと思います。

 

・静岡マラソン

まあレース自体は去年のレポご参考で。

あと、これマジで大反省。次回以降気を付けます・・・。

気温は明らかに去年より暑かったです。序盤で汗ダラダラかいていて「ヤバいかも」とは思いましたが、一応行けるとこまでサブ3.5目指そうといったところで30キロ過ぎで攣ったorz 新潟シティほどではなかったので何とか押し切って4時間強でゴール。救護室のお世話にはならなかったけどレース後2時間ぐらい全身痙攣でした・・・(あと救急車のサイレン音が結構な頻度で鳴ってて、みんなしんどかったんだろうなーと思いました)

 

・新潟ハーフマラソン

いやこの大会は、このエントリーで全部ぶっ壊しました。

f:id:itxo:20180401114640j:image

予想タイムを1時間間違えました。最後尾ブロックからスタート

(いろいろあってやる気がなかったので)レース直前にゼッケン見て「ナニコレ!?」で。スタートしてみたら案の定大渋滞。ストレスがあっという間に沸点に達しました(自分が悪いと知るのはレース終了してしばらく経ってから)ので、スタートから15キロくらい「進路を探して突っ込む」をずっと敢行。去年は「風景楽しめない」ってレポ書きましたが今年はそんなこと思いませんでした。隙間探すことしかしてなかったので。

やっと15キロくらいで渋滞抜けだしたあたりで、スタート・ゴール会場のビッグスワンがどーんと見えました。去年からコースを多少変更して今年は見えるようになったみたい。ゴールが見える、っていうのは結構モチベーション的に良かったです。あとは押し切ってゴール。去年よりタイム悪かったですがこれはしょうがない。

あと、ごせん紅葉同様車で会場入り→車内に荷物置いておく、だったので、ランネットにやたら書かれていた「荷物受け渡しが激混み」は何とも。まあ有料(500円)で書かれていた状況だったら文句はしょうがないかなと。

 

 

さて、先週25年ぶりにスキーに行ってきまして。全然だめだろうなーと思ってたら意外と体が覚えていてソコソコ滑れた。

f:id:itxo:20180401120051j:image

ただ、やっぱり最初は何回かこけて、そのうちのどれかで多分あばらが逝ったorz

それもあってランオフ中です。3週間後チャレ富士なんだけど大丈夫かな・・・。

まあとにかく6月までウルトラ3連戦です。気持ち入れ替えて頑張ります。

 

で、突然なんですが、このブログはここで一回区切ろうかと。なのでレースレポ一気に書きました。

いや、1年半くらい書いたり書かなかったりなんですけど、早い話「特定される要素(ウルトラとか)増えてきた中でほぼ苗字のハンドルネームヤバくね?」というのが一番の理由。アホですねほんと・・・。

正直引っ越しして継続、完全にお休み、どっちにしようかはまだ考え中ですが、と書いて今、結局ブログタイトル考え中のままで終わったなーと気付きましたがw 

またやるならちょっと準備、せめてタイトルはw、してからと思ってますが、とりあえずここはこれまでにします。どもでしたー。

スローガンをつくろうfor弊社働き方改革

どっかの国の政府では国民の働き方をもっと効率的にしていこう!って意気込んでいたら、てめえらこそ忖度とかで働き方めちゃくちゃじゃねえか!ってもう完全に青色吐息っていうわけわかんないことになっていますが(まあ実際どうなんですかね、真相が全部出てこないと判断できませんが、出てこないんだろうなあ・・・)。

 

まあそんなことはさておき、弊社も結構めちゃくちゃでこのままだと「指される」というわけでなんか働き方改革とか言い始めました。いやまあいいことと思いますけどね、それ自体。

で、今週、改革をこういうふうにやっていきまーす!って感じの発表があったんですが、方針はいくつかあげられた上で、「それを達成するためにどうすればいいかみんなで考えてね!いい取り組みにはインセンティブあげるから!」っていう、所謂努力の順番でいうと「知恵出せ」→「(知恵がないなら)汗かけ」をいきなりすっ飛ばして「(それもないなら)金出せ」っていう現場に丸投げじゃねーか!

ただまあ方向性を示してくれてるだけましか・・・、って思っていたら

「改革のスローガンも作ろうと思いまーす、公募で!」・・・いや、あのさ・・・。なんでさ、余計な仕事増やしてくるんだよ‼とは言えなけど!(忖度)

というわけで「スローガンいいの考えたらこれもインセンティブとか付けてくれるんですかぁ?」とか、完っっっ全に立てついた言い方した結果、偉い人に何か目ぇつけられたみたいなので、せめて応募始まったら真っ先に送って恭順の意を示したいと思います。まだ首切られたくない。

 

山のようにあるんですが、「スローガン」にもあります。黒歴史

 

小学一年生の時(と明確に覚えているくらいの黒歴史)、運動会のスローガンを考えてこいという課題出されまして(もちろん全学年に)。全然出てこなかったので頼んだのか勝手にやったのかは覚えてませんが、母が

「元気な子、勝っても負けても、一等賞」(ひらがなだったかもしれん)

とかいう、およそ小1で書けるわけのないスローガンを作ってくれて提出して、先生たちも気づけよ、って話なんだけど見事それが採用orz

運動会終わるまで、死ぬほど恥ずかしかったです。僕は今後絶対ゴーストライターを使いません。使う環境もないだろうけど。

 

でまあ、母は2年くらい前に他界しまして。葬儀の席で母の友人さんかな、この件をつい最近まで笑って話していたとか聞いて、いやこれこっちにとっては黒歴史なんですけど!〇してやろうかあもう死んでた!って思いました。

(このくだりいるかなとか思いましたが、何となく流れで)

 

さて!スローガンどうすっかな!

 

困った時にはGoogle先生!「スローガン 書き方」で検索して、トップのサイトをチェック!まあいろいろ書いてありましたが「受け手が納得できるものを」と。そうか!効率的に働けるようになれば余暇?自由時間?休み?まあそういうのが増えてみんな喜ぶだろうけど、なんていえばいいんだこれ?

いい言葉が浮かばなくて頓挫。というかだからなんでこれに時間使わなくちゃいけないの・・・?時間・・・?あ!

 

というわけで、とりあえずこれで提出したいと思います。

 

「その一秒をけずりだせ (弊社名)働き方改革2018」

 

よし!(どこが?)(とりあえず恭順の意を示せればいいのです)(ふざけてる、と思われなきゃいいけど)(「いい言葉」が浮かべば再提出します)

 

この件、動きがあればまたご報告します。

 

 

 

さて、さてさて

 

明日、新潟ハーフマラソンです。朝8時スタート

 

で、前日夜10時にこんなブログを酒飲みながら書いているって、まずくね・・・?

 

DNSのにおいがプンプンしますが、まあその時はその時で。

【悲報】ちょくちょく脚攣りが再発…てかダメージ引かない

静岡マラソン走ってから2日経ってますが、今回に限っていまだに足が「ピキッ、ピキッ」ってなってます…あと気持ちいつもより筋肉痛が引くのが遅いような。

 

そんなわけで仕事もズルズル歩いてやっていたら気がついたらこんな時間(夜11時)(まだ帰れてない)。早く痛み引いてほしいっす。それだけ。

(言うまでもありませんが、仕事こんなに長引いてるのは足のせいじゃありません。ただ激務と僕が無能なだけです)

ランネットレビューに投稿してみた【静岡マラソン2018】

まあこんな感じでぶっこんどきました。ブログにも共有

 

去年に引き続き2回目の参加ですが、本当に良い大会です。ストレスなく走れる運営、盛り上がる応援、タイムが出せるコース、ほぼ大体最高でした。あんな暑くならなければ…(やられて終盤大失速、あと終盤救急車のサイレンが何度も鳴り響いてましたが、大丈夫でしたか…?)

唯一運営面で注文があるとすれば、時間厳守の荷物預かり。そりゃ時間守らない方が悪いのですが、あんな殺伐と「もう荷物受け取ないでくださいー!」とかマイクで言わなくてもよかったのではないかと思います。

【速報】静岡マラソン2018完走しました…暑過ぎるわ!

f:id:itxo:20180304183601j:image

不安要素いっぱいで臨んだ今回の大会ですが、不安的中の形で最後大失速

f:id:itxo:20180304184026j:image

まあこんな感じのタイムでした。

(「応援ナビ」ってアプリでFBにレース経過、結果を自動投稿する機能があって、面白そうだなと何も考えずに設定したあと「大多数のマラソンに興味のない友達には迷惑以外の何物でもないのでは」と気づき、スタート前にお詫びも流した次第。次回使うなら自分限定にするか対象者絞ります…すまんこって)

大惨敗の昨秋新潟シティマラソンよりはまだマシでしたが、最終的に今回も脚から始まる全身痙攣にやられた感じです。つまり、暑過ぎんだよ!ってことで…

詳細レポートは…どうしようかな…大して面白い話もないし…。

というわけで、やるかやらないか考え中ですが、まずは速報まで。

静岡マラソン直前!

・補給ジェル間に合わず…

・前日睡眠約3時間半…

・そして、これ

f:id:itxo:20180304053655j:image

予報によって多少バラツキありますが、最高気温20℃なんてのも…

 

と、いうわけで、サブ3.5は当面狙いますが、ちょっとでも無理と感じたらどんどん目標下方修正(最悪完走)、ってスタンスで、今回行ってきまーす!

 

静岡マラソン2日前

・前日まで仕事

・ 23時30分頃宿舎(実家)に入る予定

・先週金曜日から9日間連続出勤中

・補給用ジェルを用意し忘れ、慌てて通販で買ったけど、前日まで届くかどうか…

・ 2月走行距離は約49キロでした(あんな雪振られたら走れねーよ)…昨年2月の19キロよりマシか…(新潟シティマラソンの時も似たようなこと言ってたよな。結果大撃沈だったけど)

・去年末から左足首に痛みがあり、結局治りませんでした。大丈夫だと思うけど…

 

去年の静岡マラソンから、フルマラソン走るたびに毎度毎度練習不足練習不足出られるかわからないなど嘆きながらのスタートばかり。

次のフルマラソンは秋以降になると思いますが、次回こそ明るい気持ちでレースを迎えられるようにしたいっす…

 

気が向いたら明日新幹線で前日記を。